インテリア

大和ハウスで人造大理石キッチンを選ぶなら「トクラス」がおすすめ!

  • 人造大理石キッチンにしようと思っています
  • どのメーカーのキッチンにするか迷っています
  • 実際に人造大理石キッチンを使っている人の話を聞きたいです

そんな悩みにお答えします。

本記事は、人造大理石キッチンを検討している人向けの内容です。

ほとけ

この記事を書いている僕は、大和ハウスで注文住宅を建ててトクラスのシステムキッチンを採用した人間です!

大和ハウスで注文住宅を建てる場合、キッチンメーカーはリクシル、クリナップ、トクラスの3社から選ぶのが標準仕様です。リクシルやクリナップは水回り設備メーカーとしては超有名ですね。

トクラスってなに?初耳だけど!

そんな人もいるんじゃないでしょうか?

この記事では、

  • トクラスキッチンの特徴
  • 大和ハウスでトクラスをおすすめする理由
  • 実際にトクラスキッチンを使ってみた感想

これらについて詳しく解説しています。

ぶっちゃけ、人造大理石キッチンだったらトクラス一択と言えるくらいメリットが多いので、キッチン選びの参考にしてください。

トクラスキッチンの3つの特徴

トクラスキッチンの3つの特徴
トクラスとは?

2013年10月1日、ヤマハリビングテック株式会社がトクラス株式会社に社名を変更。つまりYAMAHAです。

ピアノやバイクで馴染み深い超有名メーカーがトクラスです。1976年に日本で初めて誕生した人造大理石のカウンターキッチンは、なんとYAMAHA製。

「キッチンと言えばステンレス」が当たり前だった時代に、「日本に新しいキッチン文化を作りたい」という思いから日本初の真っ白なカウンターキッチンを誕生させたそうです。

今では、ステンレスのカウンターキッチンよりも人造大理石のカウンターキッチンにしたいという要望が、女性を中心に広く浸透してきた印象があります。

ちなみにトクラスでステンレスキッチンは選べません。

人造大理石だけを取り扱うメーカーなので、人造大理石カウンターキッチンのスペシャリストと言えますね。

そんなトクラスキッチンの特徴は3つあります。

  1. ピアノ塗装が選べる
  2. 手入れがしやすい構造
  3. 人造大理石の弱点を克服している

ひとつずつ詳しく解説していきます。

トクラスキッチンは”ピアノ塗装”にできます

もとはYAMAHAなので、ピアノ製造でのノウハウをキッチンにも流用されています。キッチンの扉をグランドピアノのような鏡面仕上げにすることができます。

ほとけ

これが、ため息がでるほど美しいんですよね…!

カラーバリエーションが114色もあるので、あなた好みのカラーがきっと見つかるでしょう。

人造大理石カウンターキッチンとピアノ塗装の組み合わせは、キッチンというよりインテリアとしてのラグジュアリーな存在感を演出してくれます。

手入れがしやすい構造で掃除がラクです

トクラスのシステムキッチンでは、 カウンターの奥やシンクとのつなぎ目、排水部分まで、すき間や段差がまったくないのが特徴的。

他メーカーで採用されている多くのキッチンでは、あらゆるところにすき間や段差があり、ホコリや汚れが溜まりやすく不衛生になりがち。

トクラスのシステムキッチンは汚れが溜まらない構造となっているだけでなく、なめらかで美しいデザイン性も兼ね備えています。

人造大理石の弱点を克服しています

一般的な人造大理石のシステムキッチンには3つの弱点があります。

  1. によわい
  2. 衝撃によわい
  3. 汚れによわい

どういうことかと言うと、

  • アツアツのフライパンを置いたらシンク内が変色した
  • 調理器具や缶詰めを落としたらシンクが割れた
  • 醤油やコーヒーを流したらシミになった

というデメリットがあります。しかし、トクラスのシステムキッチンはこれらの弱点を克服済み。

トクラスのシステムキッチンは熱に強い

350℃に熱されたフライパンをワークトップに直置きして10分間放置しても、割れたり変色したりすることが無いと自信を持って謳っています。

また、ステンレスシンクに多いのが、熱湯を流すと「ボンっ」っていう音鳴りがしますが、トクラスのシンクではそれがありません。

トクラスのシステムキッチンは衝撃に強い

キッチンは調理作業を行うスペースで、作業中に物を落とすなんて日常茶飯事。そんなシチュエーションにビクビクしながら生活するなんて、僕なら耐えられないです。

人造大理石のスペシャリストであるトクラスが、そこを改善しないワケがありません。

トクラスの人造大理石カウンター&シンクは、素材の研究・開発から成形まで全て自社製となり、35年以上の研究を重ねて辿り着いた素材を使用しています。

購入直後だけじゃなく「数十年先の毎日も気持ちよく使っていけるように」というコンセプトで作られているので、快適な生活を維持できます。

ほとけ

ステンレスに脇目もふらず、人造大理石のみに注力してきたからこそ成し得る技術ですね!

トクラスのシステムキッチンは汚れに強い

トクラスの人造大理石は、磨くことができます。

醤油やカレーのシミであれば、水で濡らしたスポンジの粗目の部分で擦るだけ。たったこれだけで汚れが落ちるんです。

まんがいちの擦りキズでも、ナイロンタワシでゴシゴシするだけで補修完了です。

研磨することで新品同様のキレイさがよみがえるので、長期に渡ってキレイを維持できます。

大和ハウスでトクラスキッチンをおすすめする理由

大和ハウスでトクラスキッチンをおすすめする理由

大和ハウスとトクラスは強力な提携関係を結んでいます。

これによって得られるメリットが2つ。

  1. 設置費用が安く済む
  2. 無料で付けられるオプションが豊富

設置費用は、リフォーム時などの話です。新築で注文住宅を建てる場合は、トクラスは標準装備なので費用の上下はありません。

それよりも大きいのが、無料オプションのほう!

無料で付けられるオプションが4種類あります

  1. ハンガーアイテム
  2. サイクロンフードⅢ
  3. ハイバックカウンター
  4. キッチン用コンセント

これらを付けても付けなくても料金の違いはありません。

ほとけ

我が家は、ぜんぶ付けました!笑

ひとつずつ見ていきましょう。

ハンガーアイテム

通常30,000円相当のハンガーシステムが無料で付けられます。

  • ふきん掛け(2枚)
  • 鍋ふた・まな板掛け
  • マルチ水切りラック
  • カウンター用水切り網カゴ
  • 小物・レシピ本が置けるラック

主な機能は上記の通りですが、アイディア次第で使い方が工夫できます。

例えば鍋ふた掛けにペットボトルや水筒を差し込んで乾かしたり。最大のメリットは、キッチングッズを直置きしなくて済むので調理スペースが広く確保できること。

ハンガーシステムはかなり便利なので付けるのをおすすめします。

サイクロンフードⅢ

トクラスのサイクロンフードⅢは、掃除の手間を最小限にしてくれる製品です。

出典:トクラス

煙を吸い込む前に油汚れをキャッチする構造になっていて、フィルターが油でべた付くことはほとんどありません。

フィルターは片手サイズで小型なのと、ステンレス製で頑丈だから食洗機に入れて洗えます。

油をキャッチする案内板は、油をはじく塗装が施されているので拭き掃除がめっちゃラクです。

上記の画像は1年間掃除しなかったときのものですが、見た目にはあまり汚れているようには感じません。アパート時代と比べると、油のギトギト感もかなり少ない印象です。

定価約130,000円のレンジフードが無料でとり付けられるのは大きなメリットです。

クリナップの洗エールレンジフードも手入れがラクで迷いましたが、こちらはキッチリ130,000円の費用上乗せだったのでやめました。

ハイバックカウンター

一般的なカウンターよりも背丈が高く、コーキングのつなぎ目や段差がありません。これによって汚れが溜まりにくく、拭き掃除もめちゃくちゃラクです。

キッチン用コンセント

キッチン用コンセント

防水フタ付きコンセントが一口無料でつけられます。

我が家ではヨーグルトメーカーや低温調理器をひんぱんに使うので、キッチン用コンセントはマジで付けて良かったです。

当ブログは「後悔しない家づくりの進め方」を紹介しています

当ブログは「後悔しない家づくりの進め方」を紹介しています

一生に一度のマイホームで失敗したくないのは、誰もが考えることでしょう。僕自身、2年間も比較・検討してようやくマイホームが完成しました。それでもやっぱりマイホームの後悔ポイントは出てきます。

当ブログでは、僕の失敗談も踏まえて理想の家づくりの進め方を解説しています。

すでにハウスメーカーと契約している人

当ブログでは、家づくりを進めていくなかで悩むポイントをカテゴリー別に解決できるようになっています。

【カテゴリー】引き渡しまで
  • インテリア(内装)
  • エクステリア(外観)
  • 地鎮祭
  • 住宅ローン
  • 引っ越し
【カテゴリー】入居後
  • 生活トラブル
  • メンテナンス
  • 税金・補助金

各ポイントで後悔しないために、僕の経験談を参考にしてください。

マイホームに住み始めるといろいろお金がかかります

マイホーム生活をより快適なものにするために、満足度を落とさない節約術も紹介しています。

【カテゴリー】節約
  • 楽天サービス
  • 高コスパグッズ

なにもしていない場合と比べて年間30万円以上の節約効果がある情報が満載です。

よかったら参考にしてください。

これからハウスメーカーを探したい人

これから家づくりをスタートするなら、最初にやるべきことは資料請求です。

いきなり住宅展示場見学からスタートすると、他メーカーとの比較をさせないように営業マンが働きかけてきます。

後悔しない家づくりの基本は、さまざまなメーカーの比較・検討が必須。

資料請求するなら無料で一括請求できる「持ち家計画」がおすすめです。

  • 一軒一軒、訪問する手間がない
  • 最短3分のかんたん入力で候補をしぼれる
  • 候補のメーカーから最短翌日、無料で資料が届く

家づくりで後悔したくないなら、まずは多少なりとも知識をつけるところから始めましょう。

持ち家計画で資料請求する(無料です)

タウンライフ」なら相談しながら家づくりを進められます

家づくりでは何度も「選択と決断」をする場面があり、テキトーに決めるのは後悔のもとです。

大きな部分だと以下の通り。

  • 土地探し
  • メーカー
  • 間取りプラン
  • 資金計画

これらの決断をサポートしてくれるのが「タウンライフ」というサービス。しかもこのサービスはずっと無料で利用できるんです。

プロの住宅アドバイザーに相談して、納得がいく家づくりをしたい人はぜひ利用してみてください。

下のリンクボタンから相談どうぞ!

\下記リンクからの申し込み限定!/

【無料】注文住宅の相談受付サイト【タウンライフ注文住宅相談センター】

/ご成約でお祝い金10万円が必ずもらえる!\

ABOUT ME
ほとけ
2019年に大和ハウスで注文住宅を購入。 メーカー選びに2年をかけた慎重派。 これからマイホームを計画する人が価値ある選択ができるよう、ユーザー目線で情報を発信中。 楽天ROOMやってます ⇒【ほとけの楽天ROOM大和ハウスの紹介割引提供できます ⇒【お問い合わせ