住宅展示場

【知らないと損】住宅展示場見学に必要な準備・持ち物5選【必見】

  1. 住宅展示場の見学を効率よくまわりたい
  2. 必要な持ち物や準備しておくことってある?
  3. そのほか、展示場見学の注意点があれば知りたい

そんな悩みにお答えします。

「家を建てるなら、とりあえず展示場に行こう!」という考え方は、営業にカモられるマイホーム計画の失敗パターンです。

なぜなら準備ゼロで展示場に行くと、営業さんの言うことがすべて正しいと思ってしまいがちだから。

ほとけ

この記事を書いているぼくは、準備ゼロで展示場に行って騙されかけた人間です。

この記事を読むことで、

  • 住宅展示場に行く前に準備すべきこと
  • 効率よく住宅展示場を見学するコツ

これらが分かります。

限られた時間のなかで住宅展示場を効率よく見学したいなら、最後までお付き合いください。

住宅展示場見学に行く前に事前準備をしておきましょう

家づくりの最初のステップは資料請求だ!【展示場には行くな】

住宅展示場見学の前に準備しておくことは2つです。

  1. あなたの信用情報を高める
  2. マイホームに関する質問を決める

この2つが準備できていると、後悔しないマイホームを作りやすくなります。

あなたの信用情報を高めましょう

信用情報を高めることで、住宅ローンの借入額を増やすことができます。

借入額が増えれば、それだけ理想のマイホームに近づけることが可能です。

信用情報を高める方法は3つあります。

  1. 年収を上げること
  2. 現在の職場の勤続年数を増やすこと
  3. 車のローンなどを終わらせておくこと

勤続年数が長いほど、あなたの信用は高まります。

転職したばかりだと住宅ローンが借りられたとしても、めちゃくちゃ低く設定される場合があるので注意しましょう。

転職したばかりでもローンが通りやすいメーカーもあります

ローコスト住宅メーカーなら、転職したばかりでも住宅ローン審査が通りやすいです。

しかし一生住むつもりでマイホームを買うなら、ローコスト住宅はあまりオススメできません。

「ローコスト住宅の全部がダメ!」とは言いません。

ローコスト住宅でも、質を維持しながらムダを省いているメーカーはありますからね。

価格に釣られてメーカーを選ぶのが危険で、住宅購入後の維持費で苦しんでる人もいます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

≫【失敗】ローコスト住宅を価格で選ぶデメリット9選【維持費で後悔】

車のローンなどは、長期じゃなければOKです

展示場見学の前に「ぜったい終わらせなきゃダメ!」ってワケではありません。

ローンが残ってないほうが、より詳しいプランニングがしやすいってことです。

しかし長期的なローンを組んでいる場合は、住宅ローンの借入額に影響が出るリスクもあります。

繰り上げ返済できるなら、しておくことをおすすめします。

マイホームに関する質問を用意しましょう

住宅展示場では、見学の主導権を営業さんに取られちゃダメです。

主導権を営業さんに持っていかれると、営業トークを延々と聞かされる羽目になります。

こちらが主導権を持つためには、聞きたいことを明確にしておくことが大切です。

事前準備として「一括資料請求」をしておきましょう

一括資料請求をしておくメリットは3つあります。

  1. 資料を通してメーカーの強みが分かる
  2. いろんなメーカーを自宅で比較検討できる
  3. 疑問が浮かぶので展示場で疑問を解消できる

ぼくの場合、一括資料請求サイトで有名な「持ち家計画」を使いました。

無料で使えて3分くらいで終わるので、サクッと資料請求しちゃいましょう。

\5万人以上が利用している!/

持ち家計画の無料資料請求はコチラ

一括請求するメリットを詳しく解説していきます。

資料を通してメーカーの強みが分かる

メーカーが資料を通してお客さんに伝えたいことは、

  • うちはこんなこだわりがあるんだよ!
  • ほかのメーカーよりもここが優れているよ!

というように、自社の強みが1~10まで書いてあります。

気になったメーカーを中心に住宅展示場をまわれば、ムダな時間を使わなくて済みます。

いろんなメーカーを自宅で比較検討できる

各メーカーの強みを見比べられるので、

じぶんにはAメーカーの考え方より、Bメーカーの考え方のほうが相性よさそう!

といった発見があったりします。

家づくりといっても、

  • ハウスメーカーか工務店か
  • 木造住宅か鉄骨住宅か
  • 平屋か二階建てか

などなど、いろいろ選択する場面があります。

ある程度のイメージを固めるのに、事前に資料を見ておくことが大切です。

疑問が浮かぶので展示場で疑問を解消できる

いろんな資料を見ていると、

Aメーカーは断熱材に○○を使っているのか。Bメーカーは△△だ。○○と△△はどっちがいいんだろう?

みたいな疑問が次々と現れるはず。

こういった疑問をリスト化しておいて、展示場に行ったときに質問してみると有意義な展示場見学になるでしょう。

逆に質問を用意しておかないと、「営業マンが言いたいこと」ばかりを2~3時間きき続けることになります。

帰るタイミングも見失い、他メーカーのモデルハウス見学の時間がなくなります。

一括資料請求は下記リンクからどうぞ。

\5万人以上が利用している!/

持ち家計画の無料資料請求はコチラ

持ち家計画の信用性については、こちらの記事で解説しています。

≫評判の持ち家計画で資料請求した僕の口コミ【デメリットはない】

住宅展示場見学に必要な持ち物5選

住宅展示場見学に必要な持ち物5選

効率よく住宅展示場を見学するために必要な持ち物は、以下の通りです。

  1. カメラ
  2. メジャー
  3. 筆記用具
  4. 源泉徴収票
  5. 大きめのリュック

それぞれの用途について解説します。

カメラ

間取りやデザインの記録用です。

スマホのカメラで十分OK。

しかし、カメラの性能によっては画角が合わず、イメージ通りの撮影ができない場合があります。

広角レンズがあると、モデルハウス内の撮影でストレスを感じることがなくなります。

安いものだと500円切るので、参考にどうぞ。

メジャー

マイホームの理想のイメージを固めるために、メジャーは必ず持っていきましょう。

  • 通路幅
  • 窓の大きさ
  • キッチンの高さ

などなど、実際の設備や間取りを測っておくことで、理想のマイホームイメージがグッと固まります。

比較材料として、現在の住まいも測っておきましょう

住宅展示場のモデルハウスは、建設費1億円を超えるような豪邸です。

設備や間取りがバランスよく配置されているように見えますが、実際購入するマイホームとのギャップは激しいです。

現在の住まいのサイズ感を数字で知っておくことで、「必要な仕様や広さの取捨選択」ができるようになります。

筆記用具

1日に複数の住宅メーカーを見学する場合、話の内容を覚えていられません。

即座にメモができるよう、筆記用具を持っていくのがオススメです。

ほとけ

スマホで「メールの下書き」を使うのもオススメです!

源泉徴収票

ぶっちゃけ無くてもOKです。

源泉徴収票があれば資金計画を詳細に出せるので、最新の源泉徴収票のコピーを用意していくと良いでしょう。

大きめのリュック

展示場見学では、住宅カタログやパンフレットを渡されます。

手さげ袋に入れて渡されるんですけど、動きにくいので見学がスムーズにできません。

両手がフリーになるように、A4サイズが入る程度のリュックを用意しておくと良いですよ。

自宅からマイホーム計画を無料で相談する方法

自宅からマイホーム計画を相談する方法
  • 対面での相談に抵抗がある
  • もっと準備してから展示場に行きたい

そんな方にオススメのサービスがこちら。

【無料】注文住宅の相談受付サイト【タウンライフ注文住宅相談センター】

タウンライフをオススメする理由は以下の通り。

  • 電話やメールのオンライン相談ができる
  • メーカー選び・間取り・見積り・土地探しも無料
  • 紹介会社と契約になれば、お祝い金10万円がもらえる

まったくの知識ゼロでも、タウンライフがトータルサポートしてくれます。

中立な立場のサービスだから、特定のメーカーを強引に勧めてくることはありません。要望に合ったメーカーを紹介してくれます。

無料で使えるサービスなのに10万円がもらえるんだから、最終的にはタウンライフから契約すべきです。

下記リンクからどうぞ。

\利用満足度・使いやすさNo.1!/

タウンライフの無料相談はコチラ

というわけで以上です。

後悔しないマイホームを建てるために、下記の2サービスを使って比較検討してください。

ABOUT ME
ほとけ
2019年に大和ハウスで注文住宅を購入。 メーカー選びに2年をかけた慎重派。 これからマイホームを計画する人が価値ある選択ができるよう、ユーザー目線で情報を発信中。 楽天ROOMやってます ⇒【ほとけの楽天ROOM大和ハウスの紹介割引提供できます ⇒【お問い合わせ